4月06日(火) | zoom

日本での仏教の始まりって何?神社とお寺の関係性は!?

持続可能な社会と豊かな暮らしについて僧侶から明日から実践できる学びをお聞きします! お寺が増えてきた飛鳥時代の歴史について お坊さんからお話をしていただきます。
お申し込みの受付は終了しました。
日本での仏教の始まりって何?神社とお寺の関係性は!?

日時・場所

4月06日 20:00
zoom

イベントについて

この講座はこちらの方々にぴったりです!

☑︎日本のお寺神社がお好きな方

☑︎地域活性化にご興味のある方

☑︎精神的な豊かさを求める方

☑︎SDGsに興味のある方
 

=========================

講師:河村英昌 

仏教はビジネスに、生き方に、人間関係に、悩みに、仏教が役に立つと思っていただきたい。

自然と仏教はYourStoryではなくMyStoryになり、積極的に触れようと思うものになるのではないか。

じゃあ私は、仏教が役に立つと思ってもらうきっかけを創る架け橋になりたい!そう思うようになりました。

出身地 京都 

活動地域 東京、大阪、京都 

現在の職業及び活動 IT系企業の会社員であり僧侶。 

経歴 京都出身。仏教系中高一貫校を経て、京都大学卒業。

大学では、観光系サークルに入り、お寺や神社、日本文化に興味を持つ。

大学在学中に僧侶の資格取得。

イベントをきっかけに、”フリースタイルな僧侶たち”という若手僧侶の団体に出会う。

以降、平日はサラリーマンとして働き、休日は副住職として実家のお寺を手伝い、また”フリースタイルな僧侶たち”のイベントに参画する。

趣味で始めた京都検定と神社検定の勉強をしていくうちに、「日本人にとって日本文化をもっと身近なものにしたい!」という思いが高まる。IT系企業での経験を活かし、ameblo、Twitter、Kindle、YouTubeなど、現代のソーシャルメディアを活用した布教活動に挑戦中。

 

座右の銘 温故知新

お申し込みの受付は終了しました。