4月20日(火) | zoom

【ウェビナー】今後の介護を考える。「寄り添う介護と和の心」
車椅子きもの楽らく

車椅子の方でも着られる着物を開発された、介護研究家の石川立美子さんと日本がこれから目指すべき介護について、着物や和の心を通して寄り添う介護についてお話しいただくウェビナーです。
ウェビナー終了後は意見交換、参加者交流のお時間を設けております。
お申し込みの受付は終了しました。
【ウェビナー】今後の介護を考える。「寄り添う介護と和の心」
車椅子きもの楽らく

日時・場所

4月20日 20:30 – 21:30 JST
zoom

イベントについて

================

◎こちらのウェビナーの対象者



☑︎介護業界に携わる方


☑︎介護業界に興味がある方


☑︎日本の伝統文化に興味がある方


☑︎精神的な豊かさを求める方



=================

■□タイムスケジュール□■



20:30~21:00 ウェビナー


21:00~21:20 参加者交流、情報交換

■□石川立美子プロフィール□■ 

 介護研究家、共感ケア・サポーター

小規模多機能事業所の立ち上げ  ・グループホーム、特養等を運営する施設の副施設長  ・訪問介護、居宅ケアマネジャー等を経験

・現在は、居宅事業所併設の地域の赤ちゃんからお年寄りまでの相談窓口の管理者として

働くかたわら介護を楽しく根拠有るものにするため研修・講演・アドバイザーとして活動中

[資格他]

介護福祉士/社会福祉士/主任介護支援専門員/認知症介護指導者/認知症ケア上級専門士

福祉用具プランナー/エンドオブライフ・ケア援助士/嗅覚訓練指導士

(株)介護共育研究会 代表取締役

(一社)日本非薬物療法協会代表理事

ホームページ:https://tomonikaigo.jp/

■□角田遥奈プロフィール□■

株式会社ピースカルチャー代表

様々な日本文化に触れられる日本文化の総合教室の運営、オンラインスクール事業を行う。

一般財団法人アジア・ユーラシア総合研究所で日本文化プロジェクトの立ち上げをし上海復旦大学、上海財形大学の日本語学科の学生に着物について講演。

2018年にデリーで100人の現地人に浴衣の着想体験を実施後、収益を子供たちを支援するNPO団体に寄付。

2020年インド工科大学、アーメダバード 大学の学生たち、村の子供達に浴衣着想体験と折り紙のワークショップイベントを開催。

「日本文化で人々の心を豊かに」を理念に活動。

このイベントをシェア